ページの先頭
  1. ホーム
  2. おやくだち情報

おやくだち情報

売買物件探しに、役立つ情報を集めました。お部屋探しの参考にしてください。

売買・賃貸お役立ちコーナー 売買お役立ちコーナー 売買Q&A 賃貸Q&A
売買・賃貸お役立ちコーナー 売買お役立ちコーナー 売買Q&A 賃貸Q&A

売買物件家選びのポイント

1.予算

住まいの購入ではほとんどの方が住宅ローンをご利用になるかと思います。
そこで、自分の年収に見合った資金計画を立てるのが必要になります。

年収はいくら見込めるか

今は共働きでも、将来妻が育児退職するかもしれません。
将来を見越して算出しましょう。

住宅ローンの支払い金額は月いくらか

ボーナスを併用するか、しないか。
また、住宅を購入すると維持・管理費や各種保険料、固定資産税など様々な費用が発生します。
既存のローンも考慮に入れなければなりません。
借り入れ金額は返済可能金額ぎりぎりまで設定しない方がいいでしょう。

2.条件

生活スタイルを明確にする

生活スタイルは、その人それぞれ違うものです。
特に家族ともなると、様々なスタイルがあります。
より快適な生活のためにも、できるだけ満足のいく住まいを見つけたいものです。
まずは、「勉強に集中できる場所がいい」「緑の多い環境でくつろぎたい」など、家族や自分の意見を多く取り上げてみましょう。

生活スタイルに沿って条件を決める

希望の生活スタイルが定まってきたら、次はその希望に沿った生活を作り上げるために、必要な条件を出していきましょう。
例えば、「にぎやかなホームパーティがしたい」という意見があるなら、リビングや普段過ごす部屋とは別に防音のきいた広い部屋が必要になるかもしれません。
条件の出し方にもポイントがあるので、下記を参考にしてみてください。

(i)広さ・間取り

広すぎても維持費・管理費がかかり、狭すぎても窮屈な生活になってしまいます。
まず、「家族構成はどうなっているか」「将来子供用の部屋を用意するのか」など確認をし、上記で考えた生活スタイルに合った間取り、面積を決めましょう。

(ii)立地

立地条件は大きく分けると、利便性重視の駅近か、閑静な環境重視の郊外かになります。
例えば、「鉄道を多く利用する学生、社会人の多い家族」は前者に、「自然が多く、静かで集中できる生活」を望むなら後者になるかもしれません。
主に前者は価格が高く、後者は低くなる傾向にありますが、仕事場から近いエリアなど、立地エリアによっても価格は変わります。

条件に優先順位をつける

希望の条件のうち3つのパターンに分けます。
(i)譲れないもの
(ii)将来増築などで、かなえられるもの
(iii)あったらうれしいもの
優先順位の高い条件は物件選びで重要な項目となります。
残念ながら、すべての希望を兼ね備えた物件はまずありません。
特に(i)は少なくとも、ひとり一つ、家族人数分がよいでしょう。

物件探しをする

予算、希望の条件が決まったら早速物件探しをしましょう。
インターネットから簡単に検索できます。

メールでお問い合わせ

物件選びに関するご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

物件を探す